RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ヒゲおやじのひとり言

ヒゲおやじが普段感じている事などをできるだけ本音で書きます。時には愚痴になってしまう事もあるかもしれませんが、毎日更新を目標にします。
星野楽天
JUGEMテーマ:日記・一般
 地元プロ野球チームの楽天だが残り少ない試合数を全て勝てないとAクラスには残れない。勝っても負けても星野監督の嫌な顔が浮かんできてどうも不愉快である。どうして選手を褒めようとしないのだろうか。

 チームを若いと評価する評論家もいるけれど、若いチームであれば尚更選手を褒めて活かすようなやり方がいいのではないだろうか。苦みばしった監督の小言ばかりでは選手のモチベーションも上がらないだろう。

 来年も楽天は星野監督が指揮するのかもしれないが、残念ながらファンは減ってしまうかもしれない。それでも若手選手が伸びているからチームの応援もしがいもあるけれど、中高年ファンには嫌われる監督だ。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
 
| 日記 | 04:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
稲刈に思う
JUGEMテーマ:日記・一般
 散歩コースにある田んぼではほとんど稲刈りが終わっている。あっという間の収穫であるが今年のコメの出来はいかがだろう。刈り取ったばかりなので稲独特の香りが残っているがさすがにイナゴ取りは誰もしていない。

 昔は稲刈りを手伝いながらイナゴ取りに夢中になったものだ。イナゴは取ってもイナゴの佃煮はどうも苦手で、好んで食べはしなかったが今思うと懐かしい。母は地主に地代の代わりに田植えや稲刈りを手伝っていた。

 機械化が進んだ今では農作業もあっという間に終わってしまうが、高齢化が進んでいる農家にとってはこれ以上人手をかける事はできない。結局は機械のローンや肥料代を差し引くと大して収入にはならないと嘆く。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
 
| 思い出 | 03:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
政治不信
JUGEMテーマ:日記・一般
 自民党の総裁に安倍晋三氏が決まった。元首相が再度首相になるかどうかはわからないが、これが今の日本の政治を表しているのかもしれない。党員が選択した石破氏と国会議員の選択した安倍氏、危機意識はあるか。

 このままでは自民だろうが民主だろうが国民の支持はいただけないだろう。かといって日本維新の会が大きく飛躍するとは限らない。政治不信が続くと組織票を持っている政党が勝つといわれるが国民はしっかり見ている。

 政治不信が不安に変わりテロやデモそして社会が大きく歪んで犯罪が増えて益々治安が悪くなっていきそうだ。なんでも悪くなるのは早く、良くなるには時間がかかる。一度坂を転げ始まるとなかなか止まらない。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
 
| 日記 | 03:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
態度が急変
JUGEMテーマ:日記・一般
 タクシーには色々な客が乗車するけれど、驚きというより笑ってしまうような態度が急変する客がいる。特に男女が別々の場所で降りる場合などにそれがはっきり表れる。どちらかが降りた後の行動が本当にびっくりする。

 同乗者への悪口や嫌みだけならよくある事だが、なぜか運転手に対して嫌がらせや走行ルート等の難癖を付ける。相手は酔っ払いだからと片付けてしまえばそれでいいのかもしれないが、本当に不愉快になってしまう。

 その客が間違って料金を多く支払ってきたらチップとして頂きたいがそんなわけにはいかないし、後々面倒になってしまうのは目に見えている。いずれにしても客に足元を救われないように言葉遣いには注意しよう。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
 
| タクシー業務 | 03:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
下がりすぎ!
JUGEMテーマ:日記・一般
 残暑と言えるのか連日の真夏日から一気に最高気温が20度前後と、急激なこの温度差は日頃体調管理に自信を持っている人でも大変な事態である。特に高齢者にとってはたまらない気温のアップダウンであろう。

 気温の切り替わりはお彼岸頃とはいわれるけれど、これほど変化が激しいと高齢者に限らず誰もが体調維持の難しさを実感するだろう。ラジオなどを聞いていると早くもこたつを出している人もいるようだが早すぎるよ。

 もう少し緩やかな季節の変化を楽しみたいのだがどうもそんなわけにはいかないようだ。それでも久々の長雨で農家の方々はほっとしたのかもしれない。稲刈りには気の毒だが秋野菜の出来具合が少し心配である。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/ 
| 日記 | 03:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
民主党代表選
JUGEMテーマ:日記・一般
 民主党の代表選が終わり野田さんが代表を継続する事になったが難問が山積みである。国民はストレスがたまり、単独では決められない政治がこれからも続く。はたして自民公明から協力が頂けるかどうかである。

 さらには民主党から今後離党者がどれくらい出るかも政党としての不安材料でもある。日本維新の会や小さな新党が増えて国民からすると似たり寄ったりの政党ばかりで、よくわからないというのが個人的な感想でもある。

 今後はこのような政党同士が政策や法案で連携や離別を繰り返していくのだろう。以前のような大政党ができにくくなって国政そのものが不安定になり、それが経済や社会不安を招いてしまうことにならないか心配だ。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
 
| 日記 | 03:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大相撲千秋楽
JUGEMテーマ:日記・一般
 大相撲千秋楽での優勝決定はファンにとってはとても見ごたえがある。ましてや横綱昇進がかかっているとあれば尚更だし、しばらく優勝を逃している横綱にしてみれば意地でも勝って決定戦に持ち込みたい。

 それにしても先場所もそうだったが終盤に崩れてしまう大関陣がどうも不甲斐ない。特に期待している日本人大関陣が総崩れだ。モンゴル人だけで相撲をしているような感覚を持ってしまうのは私だけだろうか。

 それでも若手の中には期待できる日本人力士も出てきているので今後の活躍が楽しみでもある。横綱に日本人力士が出てくるのは残念ながらとても年内は無理だろうが、何とか来年中には期待したいものだ。
 
震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
| 日記 | 04:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
こんなに美味しいいのに
JUGEMテーマ:日記・一般
 今年も無花果が食べ頃に近づいてきた。鳥達と食べ比べ競争が始まる季節となったわけだが、それにしても彼らはどうして食べ頃がわかるのだろうか。我が家では妻もほとんど食べないのでほぼ私の独占である。

 こんなに美味しいものを彼女が言うには食感がどうも苦手なんて信じられないが、無花果だけでなくメロンやアケビも同じように避けてしまうようだ。好みの問題だからしょうがないけれどできたら一緒に食べたいものだ。

 一人で食べるよりは二人で食べた方が同じものでもさらに美味しく感じるし、さらに多くのメンバーで食べたらもっとおいしくなるだろう。何か無花果を工夫して妻も食べられるようにしたらいいのだがちょっと知恵が出てこない。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
| 日記 | 03:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
6日連続
JUGEMテーマ:日記・一般
 6日連続の日勤が終わった。世間的には三連休と彼岸の入りで当初は不安だったが、締めてみたら思いのほか売上が良かった。朝のスタートが悪くても最終的に2万円以上の売り上げをつくる事が出来たのは嬉しい。

 配車のおかげもあるが日によっては3万円超もあったのは感謝である。この後もう一度連休が始まるが今度はどうだろうか。彼岸の中日のお天気が少し心配でもあるが墓参りの客をどれくらい獲得できるかが鍵だ。

 運や天気ばかりでなく積極的に動く事でそれなりに客を拾えるけれど、連休の動き方はちょっと難しい。平日と同じように回っても人が少ない分流し営業は辛いが、タクシーそのものが少ないのがせめてもの救いである。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
 
| タクシー業務 | 03:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
タクシー乗車
JUGEMテーマ:日記・一般
 時々小さな子供が親と一緒にタクシーに乗り込んでくるが、私が子供の頃、親はもちろん親戚等と一緒にタクシーに乗った記憶は全くない。その頃はタクシーなんて特別な乗り物であったし我々貧乏人には縁のない乗り物だ。

 実際私が初めてタクシーに乗ったのがいくつの頃だったかも覚えていないが、おそらく社会人になってからだとは思うがやはり記憶が定かでない。実際よほど遠くでもなければ歩く習慣ができていたのだろう。

 格差社会でなくても自家用車のない家庭にとってタクシーはとても便利であるし必需品でもある。実際年間走行距離数が一万キロと少ない家庭だとわざわざ車を購入するよりはタクシーを活用したほうが安上がりだそうだ。 

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
 
 
| 思い出 | 03:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |