RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ヒゲおやじのひとり言

ヒゲおやじが普段感じている事などをできるだけ本音で書きます。時には愚痴になってしまう事もあるかもしれませんが、毎日更新を目標にします。
仙台空港
JUGEMテーマ:日記・一般
 あの大震災後初めて仙台空港の建物内に入った。タクシー客を送って仙台空港までは何度か来ていたが建物の出入り口までであった。駐車場から建物内に通じるエスカレーター脇に津波の押し寄せた高さが表示されていた。 

 ほぼ二階近くの高さでは間違いなく駐車場の車両は完全に水没してしまうし、建物や飛行機への被害が甚大だったのがよくわかる。でも建物内では震災後とはわからないので、もっと大きく表示したらいいのかもしれないと個人的には思う。

 京都の妹達に会いに行く妻を空港まで送り早々に帰ってきたが、誰かが歌っていた「空港」の歌詞がなぜか出てきた。三軒目の家は空港の近くが良いなんて彼女が言っていたが、宝くじが当ったらそれもいいかもしれないと苦笑いしてしまった。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/

| 日記 | 04:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
単身世帯
JUGEMテーマ:日記・一般
 少子高齢化だけが原因ではないだろうが単身世帯が全世帯の三分の一になっているといわれる。核家族化の行き着く先なのかもしれないが、このままでいいのだろうか。若い時は一人暮らしに憧れていたがいつまでも若いわけではない。

 高齢者や若者だけでなく、特に最近は結婚しない中高年の一人暮らしも多くなっているようだ。一人暮らしの気楽さは確かにあるのだろうが、経済や健康に不安を抱える方にとってはあまりにも問題が多すぎるのではないだろうか。

 時々報道される孤独死などは誰もが望む話題ではない。気の毒だと思うと共に冷たいと思われるかもしれないが、自業自得ではないかと考えさせられる気持もある。気の合う仲間たちや親族との共同生活世帯が増えれば解消されるかもしれない。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
| 日記 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
納車の連絡
JUGEMテーマ:日記・一般
 当初5月の連休明けが納車の予定であったが、連休最中の4月30日に納車だと連絡が入った。早まる事はいいけれど勤務のシフトが気になったが幸いにも日勤予定だった。急にシフトが変更になる場合もあるが月末なので変更はないだろう。

 車両入替前日には洗車とか備品の片付けをしたいけれど、29日には妻を空港に送ったり少しばかり慌ただしい。タイヤもそのままだし、車内の掃除もそれ程時間はかからないだろうが約1年半お世話になった車だけにしっかり洗って届けたい。

 仕事帰りに新車の引き取りする打合せを済ませたが、夕方5時過ぎなので帰宅するのは7時頃になってしまうかもしれない。しばらくは単身生活なので食事やお風呂の準備をしなければいけないので出来るだけ早く帰宅し翌日に備えたい。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
| 日記 | 04:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
こんな客
JUGEMテーマ:日記・一般
 夜間はタクシーの利用客で一番多いのがほろ酔い又は泥酔の酔っ払い客である。乗車と共に即寝てしまうのも厄介だがあれこれ難癖をつける客も困ったものだ。これもめぐり合わせなのでしょうがないけれどけんか腰だけは勘弁願いたい。

 赤信号なのになぜ止まるんだと息巻いたり、態度が悪いと難癖つけたり、言い訳すると黙れと言いながら、黙っていると返事を求めたり、まさに我慢と辛抱の体験ツアーみたいなものだ。普段は大人しい人物だと思われるが豹変したのだろう。

  せっかく楽しいお酒を飲んだ帰りは楽しい話題で帰宅したらいいのに、愚痴をこぼす程度ならまだしも運転手にけんかを売るような事だけは止めて頂きたい。たかがタクシー運転手でも我慢に限界がある事を知っていただきたいものだ。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
| タクシー業務 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
両替のお願い
JUGEMテーマ:日記・一般
 夜、大学病院で待機していたら駐車場から出る方が一万円札を出して両替をしてもらえないかと近寄ってきた。多少不安を感じたが「義を見てなさざるは・・・」で千円札で替えてあげた。そうしたら何と500円玉まで両替を希望するではないか。

 私は銀行ではないと思ったが、ものはついでと言うけれどしたたかな人である。人の事をあれこれ言える立場ではないが、何事も準備の悪い人はその場になって慌ててしまう、せめて財布の中身ぐらいは自分自身で管理するしかない。

 手元のつり銭が心配になって結局は自分もコンビニで両替をする羽目になったのは笑い話である。千円札はどうしても7〜8枚程度は確保しておきたいと常に考えているので、それを下回ると以前のトラブルを思い出して不安である。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/







 
| タクシー業務 | 03:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
傘よりタクシー
JUGEMテーマ:日記・一般
 天気予報を聞いていれば突然の雨とは思わないだろうが、乗車したご婦人が傘も持たずに出かけたのだろうか勢いよく手を上げてタクシーを止めた。すぐ近くまでの客であったが傘を買うよりはタクシーに乗ったほうが良いと言っていた。

 雨が降ったら傘を買うかタクシーで帰る、そもそもこの選択肢は私にはない。傘なんてどこの家でも余分にあるはずなのでコンビニ等で500円以上のビニール傘等を買うなんて私はしないし、出かける際は天気予報は確認する。

 前職の場合はカバンに傘を入れ常に持ち歩いていたので傘は買う事もないが、さすがに小さいので体が濡れてしまう事が多かった。荷物が多いとどうしても傘は邪魔でさらに風が強ければ役立たずで意味がない。そんな時はタクシーをどうぞ!

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/

| タクシー業務 | 04:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あっという間だ!
JUGEMテーマ:日記・一般
 近所で工事している新築の家があっという間に骨組みが出来上がり、見る間に屋根がかかった。作業をスムースにする為に屋根仕上げが優先なのだろうが一気に仕上げ前まで進んでいる。その為だろうが職人の数がとても多くいるようだ。

 平面で見ていた時と違い骨組みが出来上がると想像していたよりずーっと大きく感じる。こんな大きな家に何人の人が住むのかわからないが、後々持て余してしまうような感じでもある。これは余計なお世話かもしれない。

 我が家のような小さな4LDKでさえ子供達が出てしまうと子供部屋がまるで物置である。核家族の時代なら子育て時期は持ち家よりは貸家の方がいいのかもしれない。子育てが終わった時に夫婦だけの小さな家を建てるのが良かったかとふと思う。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/

| 日記 | 03:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10円が100円?
JUGEMテーマ:日記・一般
 滅多にはないが長距離だとか特別の美人(?)の場合タクシー料金で端数の10円をおまけする場合がある。先日も10円おまけしたら何と気持だからと100円を頂いてしまった。そんなつもりではなかったが実質90円のチップである。

 つり銭に困ってしまう事がままあるので、料金ぴったり支払って頂ける客はとてもありがたい。だからといって1円玉や5円玉等で払っていただけるのはありがたさは半分である。財布の中を整理するのだろうが数えるにも時間がかかってしまう。

 近くだったからと1,000円札で釣はいらないと言ってさっさと下りる客も時にはいるけれど、それよりはいろいろ会話のキャッチボールを楽しんでいただき気持が良かったからと言って釣りをチップにしてと言う客の方がとても嬉しいものだ。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/

| タクシー業務 | 03:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
久々だ
JUGEMテーマ:日記・一般
 今月はとても厳しい売上が続いていたがようやく通し勤務で5万円台の売上を久々に確保できた。特別な事をしたわけでもなかったし、配車が多いわけでもなかったので4万円以上であればいいかと思っていたがちょっとラッキーである。

 我慢比べのような仕事でもあるタクシー家業はくさってもいけないし諦めてもいけない。じっと我慢をしていればタクシーの神様が見ていて運を持ってくるような気がする。神頼みばかりではどうしようもないが辛い日は明日に期待するしかない。

 ちょっとしたタイミングで客を他社に取られる事は日常茶飯事であるが、逆の場合もあるのでお互い様である。いちいち気にしてしまったらストレスで胃を壊してしまう。そんな時はケセラセラと気分を一新してコツコツ励むのが一番である。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
| タクシー業務 | 03:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
四月度後半戦
JUGEMテーマ:日記・一般
 今月前半はなぜか苦戦していて思うような成績を上げる事が出来ないでいたが、後半戦になってようやく月間目標の売上50万円が見えてきた感じだ。しかしまだまだ通し勤務の実績が以前のようではないし乗車回数も伸び悩んでいる。 

 気合を入れたから大丈夫というわけではないが、桜の開花と共に売上が伸びそうだと勝手に予感しているだけである。月末の連休前に目標を達成したいと考えているが心配なのはお天気である。あまり天気が良すぎても困る。

 天気の急変はタクシーにとってはありがたいと言われるが、お花見の時期だけは安定していただきたい。それにしてもこの寒さは驚きでもある。異常気象と毎年のようにいわれるが寒暖の激しさと売上の乱高下は連動しないでほしい。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
| タクシー業務 | 03:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |