RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ヒゲおやじのひとり言

ヒゲおやじが普段感じている事などをできるだけ本音で書きます。時には愚痴になってしまう事もあるかもしれませんが、毎日更新を目標にします。
家の中の犬
 動物は好きだけれどアレルギーが気になる人がいる。動物も子どもと同じように好き嫌いがわかるようで動物嫌いの人には寄ってこないが好きな人には近づいて来るし吼えたり騒ぐ事もしない。動物にとって動物アレルギーは関係ない。

 家の中で犬を飼っている人が多くなってきているのだろうか。それを理由にして家の中に客を入れないようにしている人もいるようだ。実際入ってみると犬猫の毛が気になる部屋もあるし動物アレルギーの人にとっては耐えられないのかもしれない。

 帰り際には衣服に毛がたくさん付いてくるし黒っぽい服を着ている場合は特に目立ってしまう。常にころころペーパーを持っているわけではないので処理に困る場合もあるが、個人的にはタバコの臭いが衣服に染み付くよりはまだいいと思っている。
| 日記 | 05:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
只今移動中
 バリ旅行がいよいよ始まりとりあえず成田空港にバスにて移動する。成田からバリには直行便で約7時間だそうだ。仙台から成田にも途中休憩時間と調整時間で同じくらいかけているから丸々移動時間だけで半日かかる事になる。

 海外旅行は仙台空港発着がいかに楽で便利かが良くわかる。経費や時間を考えれば仙台空港を使い海外などで乗換えした方がいいのかもしれない。実際そんな経験はないがトランジットと呼ばれ旅慣れた方はそんな方法を良く使うらしい。

 異国の空港に降りた時にその国の臭いを感じるといわれるが韓国のような臭いは今回は感じなかった。それでも移動中の飛行機の中でのスチュワーデスの香水がとても気になったしまった。
| 日記 | 05:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
苦労話を聞いて
 それぞれの家庭には様々な事情があり歴史があるものだ。比較しても意味がないかもしれないが他人の苦労話しを聞く事で私達が幸せだという事があらためて実感させられる。もっとも何が幸せかはそれぞれで違うかもしれないけれど。

 病気などで入院中の妻がいるとかガンを患い毎日不安を抱えているとか不幸といわれるものには主に健康に関する事が多いのかもしれないが、中には経済的な事情で不安を抱え毎日ストレスの連続という方もいるだろう。

 将来に対する不安などは心配すればするほど大きくなってしまうようだ。対処法はただ一つだと私は考える、それは今を一生懸命に生きる事だと。ケセラセラとはいかないかもしれないが何とかなると思って生きるのが一番なのかもしれない。
| 日記 | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ガッツポーズ
 白鵬対朝青龍の大相撲千秋楽は久しぶりに見ごたえのある一番だった。妻の大喝采が優勝決定戦では悲鳴に変わり、悔しがりは大変なものであった。スポーツ観戦で時にはファンの声が叫びや怒号となって聞こえる事がある。

 優勝した朝青龍は千秋楽当日誕生日とあって二重の喜びを土俵上で表したようだがこれはまた論議を巻き起こしてしまうような態度だった。相撲でのガッツポーズがよく話題になるが特に横綱がそれをやってしまうと問題になる。

 国技といっているけれどこれくらい外国人が増えてしまった大相撲でガッツポーズがどうのこうの言っているのも少し滑稽である。品格を問われるといわれるが日本人に理解されるような喜び方をしろと言う方がおかしな話である。
| 日記 | 06:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
狸の皮算用
 今回の連休中は正直なところ期待していた。景気が悪いから連休でも出かける事が少なく在宅率が高いだろうなんて誰かが言っていたがとんでもない。どちらかといえば天気も良く出かけたくなる気分になるのが当たり前かもしれない。
 
 電話すれば用事があり出かけるとか、電話に出ないし、訪問すればいない。これではいつもと全く同じではないか。連休中に契約が集まる計画は全てご破算である。とらぬ狸とはよく言ったもので皮算用はできないものである。

 実りの秋とは言うけれど見学会に参加してくれた見込み先が頼りではあまりにも悲しくなってくる。有力な情報や見込み先が少なくなってきてとても心細くなってきた。正直なところ種まきと刈り取りのバランスがとても悪くなってきている。
| 日記 | 05:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ちゃんと見て!
 男でも女でもだらしない人はいるものだ。単純に整理や片付けができないだけならまだ可愛いが、お金の貸し借りなどで周囲を振り回している人がいる。とても付き合いたくない人だけれどそれが上司の場合は悲劇でもある。

 賢いのかずるいのかわからないけれどとてもマネができない生き方だ。片付け方には性格が影響し単に見た目だけの人もいる。とりあえずは何かの箱にしまっておく方法だが、いざ使用する時に困ってしまう事が多い。

 逆に几帳面過ぎて整理したりファイリングするのが仕事のような人もいる。だらしない人よりはいいのかもしれないが何事もほどほどである。それにしてもせっかく作った資料も見もしないで机の中に片付けられてはどうしようもない。
| 愚痴 | 06:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ゆとりがないなー
 内容、価格などをじっくり比較できる人は時間や経済的にもゆとりがあるからだと思われる。経済的な事情から安さのみを優先してしまうとどうしても後悔の繰り返しになってしまう。わかっていても時間がないとそうなってしまう。

 仕事でもゆとりを持っていなければいいできばえではないし、セールスなどは先様に足元を見られてしまう。切羽詰ると早口で落ち着かなくなりそわそわしてしまう。どうしても顔や態度にはっきり出てしまうのだろう。

 焦りは禁物だとわかっていても残り日数が少なくなってしまうとストレスが溜まってしまう。思うようにいかないのが当たり前だが、時々ちょっとした嬉しい事が出てくる。人間の気持ちなんて本当に変わりやすくできているものである。
| 日記 | 06:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
木の病か
 たわわに実った柿の実が次々と落ちてしまい残っているのも後わずかである。色ずき始めたころから落ちるなんて本当に残念である。詳しい事はわからないがこれも柿の病気のようである。原因がわからないだけに悔しい話しだ。

 もう一つ残念なのは楓の木が枯れ始めて枝をほとんどカットしてしまった事だ。たまたま新聞で見たのだが、何か小さな虫が寄生して枯らしているようなのだがこれも対策がわからない。とりあえず枯れた枝だけカットしたがどうなる事か。

 この地に移り住んで7年も経ち、ずいぶん大きくなった木々を眺めるのが癒しの時間である。素人ながら枝を剪定して自分の好みにカットしていたのだが病気になった枝をバッサリ切ってしまうのは何とも悔しいものだ。他の木に影響しなければいいけれど。
| 日記 | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
逆走裁判
 自動車事故で互いの事故責任比率というものがあるがどちらも走っている場合はどうしても双方に責任が生じてくるものらしい。でも高速道路を逆走して事故に巻き込まれた場合は話しが違うような気がするのだが・・・。

 裁判結果はどちらにも責任があると出たのだがおかしいのではないだろうか。逆走さえしていなければ事故などありえないが、それでも事故から避けられたのではないかといわれる。そんな事を言うのなら高速道路を管理している会社の責任まで追及したい。

 庶民感覚とこれほど裁判というものは違うのだろうか。そもそも論を言えば逆走してしまうような道路を作った設計者の責任はないのだろうか。高齢化社会を予測した道路設計が当然であるし更には免許制度にも欠陥があるのではないだろうか。
| 日記 | 06:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
職業に対する考え方
 職業に貴賎はないといわれるが現実はどうであろう。この際は職業というよりは人の心と言い換えた方が良いのかもしれない。給料に差別があるのは当然だけれど考え方や思っている事などは発言しなければ全くわからない。

 中には文章などで考え方を表す人もいるが誰もが出来るわけではない。結局は職業に対してどのように考えているかなんてわからない事がほとんどだし、ましてや仕事の中身なんて本人以外は理解していない事の方が多いはずである。

 そもそも他人の仕事に対して理解もしていない人があれこれ言える立場ではない。見た目やイメージだけではわからないのが職業である。これは様々な仕事を経験してきた者しかわからないのかもしれない。まだまだ知らない世界が沢山あるという事である。
| 日記 | 06:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |