RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ヒゲおやじのひとり言

ヒゲおやじが普段感じている事などをできるだけ本音で書きます。時には愚痴になってしまう事もあるかもしれませんが、毎日更新を目標にします。
襟を正してください!
 ほんの一部しか見ることが出来なかったが、衆議院での証人喚問は質問する側にもされる方にも不満が残る。以前の迫力ある、ドキドキするような緊張感がどうも感じられない、こんなんでいいのか。それでも当事者達にすれば相当なプレッシャーを感じていることだとは想像できる。

 それにしても相変わらず官僚や公務員達の常識には呆れてしまう事ばかりである。身内の調査ではどこまで出てくるのか、当然ながら私たちにはいぜん不明である。外部から指摘を受けるまで、あるいは逮捕されるまで悪い事だとわからないのだろうか。

 公僕などという言葉も好きではないが、行政に携わる方々には倫理観や道徳等というものは無くなってしまったのか、あるいは公僕といわれる方々の常識はそれほど世間とかけ離れているのだろうか。当然ながら全ての方々がそうだとは思わないが、そのような感覚の方があまりにも多いのではないだろうか。
| 日記 | 04:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
機種変更
 娘が使っていた携帯を譲ってもらいしばらく使っていたが、どうしても充電頻度が多くなり新しく取り替えることにした。最新の携帯は薄くて軽くて高性能のようだが私にはほとんど必要のない機能ばかりである。会話とメールそして写真が撮れてできるだけ安い機種をお願いしてみる事にした。

 ようやくお勧めの機種が見つかり手にしたらこれまた薄く軽いのがあった。こんなものにさまざまな機能が付いているなんて驚いてしまうが過去に使った事のないNEC製であった。メーカーにより使い勝手も違うけれど携帯会社が同じであれば問題ないだろう。これでどれくらい永く使えるかわからないがとりあえず2、3年は大丈夫だろう。
| 日記 | 04:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
器用な両手
 仕事の都合でもあるが携帯メールを打つ事が増えてきた。知人で右手でペンを走らせ左手でメールを器用に打っているのを見ると驚いてしまう。そんな事がどうしてできるのか聞いてみたら、必要に迫られたら自然に出来ていたそうだ。昔、彼は2年間だけだけれどピアノの練習を必死でやったそうだ。そのせいもあるのかもしれないとは言っていたが、確かに両手を上手に使う事が出来たらとてもすばらしい事だ。

 子供でも自転車を両手と両足をうまく使って乗っているように訓練や習慣で器用になれるものなのかもすれない。そういえば会社員の時も計算機を左手で打ちながら右手でペンを走らせる事務員さんを多く見た記憶が蘇ってきた。それにしても不器用な私からしてみれば驚く事ばかりである。

 
| 驚き | 04:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
借金その後
 昨今は消費者保護が叫ばれて久しいが、だからといってそれに甘えた行動はいかがかと思われる。生臭い話だがお金を借りる時は金利などあまり意識しないで借りているのに、返す段階になって金利が高いなどというのも可笑しい話でもある。金利が高く後で後悔するなんて、借りる時は考えないのかもしれない。

 借りたものは結局は返す事になるのだが、予定や計画が崩れてしまい思うようにいかない事もある。そんな時は金利の高さにないてしまうのはよくある話でもある。結局返せなくなるとどうするか、よくわからないがさまざまな方法があるらしい。そんな当事者にはなりたくはない。ましてや逃げてばかりの人生は真っ平である。
| 日記 | 05:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ファーストフード店
 普段はほとんどファーストフード店には入る事もないが、妻の「割引券がある」の一言でショッピングセンター内の店舗で食事をする事にした。チラシ等に付いてくる割引券を切り取っておいて財布などに入れておくなんて、よほどまめな人でなければやっていないが、さすがに女性はそんな事は普通にしているようだ。

 時々は息抜きや気分転換などで使用しているみたいで慣れた感じで注文している。とても自分一人では入る事がないだろうと周囲を思わず観察してしまった。学生や子供連れの客で平日にもかかわらず賑わっているのには驚くだけである。それにしても高校生が堂々と食事の後なのかカードゲームに夢中になっているのには呆れてしまった。
| 日記 | 04:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
干し柿作り
 約500個の柿をつけた木はさすがに重かっただろう。生で食べるのは家族でも私だけなので保存食として干し柿にする事にした。妻と二人で1個1個皮をむき紐でつるして干す作業は中々大変であったが、実をつけていた木の事を考えるとたいした事ではない。

 どういうわけか妻は干し柿にすると食べられるのだそうだ。干し柿作業をしながら試食しているのを見ると可笑しくなってしまう。さすがに干してしまうと軽く小さくなってしまうが、洗濯干し竿が干し柿で一杯になってしまった。

 来年も同じように柿の実ができるとは限らないがぜひ楽しみを持てるように希望したいものである。今年の冬や正月に家族で干し柿を食べる風景を想像すると思わず嬉しくなってきた。自家製の干し柿と梅酒で乾杯なんて感激である。
| 日記 | 05:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
偽装問題
 今年の流行は「偽装」といわれるくらい食に限らずさまざまな疑惑が浮上した。きっかけは内部告発によるものに限らないが、これまで消費者を騙してきた事は簡単に許されるものではない。

 売上至上主義なのか儲け至上主義なのか知らないが、だまし続けてばれたら頭を下げるやり方が許されるわけがない。競争や競合はどんな世界でも当然あるし、いずれ悪い事はばれるのに人間は慣れてしまうと不思議に感覚が麻痺してしまうのかもしれない。

 有名である、歴史が永いなどといってもこれからは簡単に信じられないかもしれない。小さくて歴史がない会社でもきちんとしっかりやっているところは時間がかかるかもしれないが、信用と信頼を積み上げる事でなくてはならない会社に成長するはずである。

 
| - | 04:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
戦友(?)と再会
 定年後の噂は少し聞いていたが、久々に懐かしい方から直接連絡をいただいた。たまたま近くで仕事をしていたので、迷惑を考えず家内と二人でいきなり彼女の仕事場を訪ねてみることにした。

 相変わらずはつらつとしてとても定年を迎えた事務員には見えない。久々の再会なので積もる話や環境の変化などをうかがうだけでもあっという間に時間が過ぎてしまったが、彼女の前向きな姿勢だけが印象に残った。

 誰でも過去を振り返るだろうが、振り返ってばかりではどうしようもない。過ぎてしまった事は確かな事実で、消しゴムで消す事もやり直しもできない。これからいかに楽しくイキイキと過ごすかは考え方一つでできる事だとあらためて思い知らされた。

 

 
| - | 04:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
やけ酒なんて・・・
 飲酒運転は悪い事だと知っていながらワンカップを飲みながら運転していた会社役員が現行犯逮捕された。いかに金策中に不渡りを出したからといって飲みながらの運転なんてさすがに驚いてしまう。

 道路脇に缶ビールなどの空き缶が転がっている事があるが、同じように飲みながら運転をしているのではないかと思ってしまう。理由は不明だがそんな車で事故を起こされてはたまったものでない。

 自棄酒なんて経験からすれば美味しい物ではないし、飲まずにいられない気持ちもわからないわけではない。でも酒に逃げてしまったらかえって惨めになるだけなのは本人が一番わかっている事だと思うのだが・・・。
| 驚き | 04:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
携帯電話の話
 知り合いの方が左手の親指を器用に使い携帯メールを打っていた。どうして左手でしているのか訪ねたら、右手はメモをとったりするために自然と左手で携帯を操作するようになったのだそうだ。

 運転中のメールは禁止されているし、携帯を見るのもダメらしいがよく見ていると多くの方々が携帯電話を使用しながら運転しているのを見かける。前の車が不自然な動きをしていると思ったら、大概携帯を操作しながらの運転と思った方がいい。

 パソコンのキーボードに慣れたものからすれば、携帯の画面やキーはとても扱いにくいが、慣れるとそれなりに便利でもある。今では携帯メールで新たな仕事も展開できているし一人で2台以上も持っている人も少なくない。ますます進化している携帯である。
| - | 04:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |