RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ヒゲおやじのひとり言

ヒゲおやじが普段感じている事などをできるだけ本音で書きます。時には愚痴になってしまう事もあるかもしれませんが、毎日更新を目標にします。
<< 完成間近! | main | 孫の泣き声 >>
3月11日2時46分
JUGEMテーマ:日記・一般
 黙祷する事に異議はないが設定時間は地震が起きた時間である。そんな事はどうでもいいのかもしれないが、大津波で実際に亡くなったのはそれから約一時間位後であるので少し違和感を覚えるのは私だけだろうか。

 大津波を防ぐためにさらに巨大な堤防を作る話もなるけれど、どうしてそんな思考になるのだろうか。大きな堤防が出来た事でかえって油断してしまい、大勢の犠牲者が出た事をもう忘れてしまったのだろうか。

 津波が発生したらまず高いところや海から遠いところに非難するこれが一番大切な事と今回の大津波でわかった事ではないか。なのに巨大な堤防作りを繰り返すのは単に建設業者を助けるためではないのだろうか。

震災遺児に進学の夢を!
公益財団法人みちのく未来基金 http://michinoku-mirai.org/
| 日記 | 04:05 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
同感です。
高い防潮堤によって将来にまた安心して逃げ遅れる人が出ると思います。
| リマ | 2013/03/13 8:41 PM |










http://blog.ankensan.jp/trackback/1414141